メリットとデメリット

Javaエンジニアは、多種多様なシステムやアプリ、ソフトなどの開発を行うために欠かせない専門職として位置づけられています。特に、プログラマーやプロジェクトマネージャなどの経験を持つJavaエンジニアは各IT企業内で重宝される傾向があり、キャリアに応じて高収入で働ける可能性も高いのが現状です。また、Javaエンジニアは企業内だけでなく、フリーランスとして働くこともできます。子育てや介護などに負担をかけることがないため、IT業界で仕事を続けたい人にとって大きな魅力があるでしょう。

Javaエンジニアが扱うサービスはさまざまですが、収入やスキルのアップを目標すためには、自分に合った働き方を選択することが肝心です。Javaエンジニアは、クライアントが求めるサービスの内容をしっかりと把握するのはもちろん、納期までに効率良く作業をこなすスキルが要求されます。そのため、文系出身者や他職からの求職者にとっては、Javaエンジニアに必要な基本的なスキルをマスターできるまでに、長い時間がかかるといったデメリットがあります。

そこで、さまざまな立場のJavaエンジニアの受け入れを行っているIT企業を職場に選んだり、IT企業が主催する勉強会や座談会などに進んで参加したりすると良いでしょう。なお、Javaエンジニアに求める能力や経験などは各IT企業の事業内容によって異なるため、じっくりとIT業界の求人の動向を探ることが大切です。